食事・サプリ・髪型

薄毛の改善に豆腐が効くってほんと?徹底解説!

投稿日:2019年3月20日 更新日:

薄毛の改善に豆腐が効くってほんと?徹底解説!

管理人
管理人

「豆腐は薄毛(ハゲ)に良い!」←1度は聞いたことがあるフレーズですが、果たして根拠はあるのでしょうか?

・豆腐が薄毛(AGA)に「本当に効くのか」知りたい
・薄毛を改善するために意識して豆腐を多く食べている
・豆腐でAGAを改善出来ると信じている

上記1つでも当てはまる方に、是非読んでもらいたい記事です。

今回は、薄毛(AGA)の改善に豆腐が効くのか、根拠も踏まえてどこよりも詳しく解説します。

豆腐を食べてもAGA(薄毛)の改善には期待出来ない

AGAの進行を抑制出来る成分は「2つ」だけ

豆腐を食べてもAGA(薄毛)の改善には期待出来ない

男性の薄毛の8割以上はAGA(男性型脱毛症)と言われているため、「薄毛=AGA」という前提でお話します。

管理人
管理人

豆腐を食べたとしても、AGA(男性型脱毛症)を改善することは出来ません。

AGAの原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる悪性男性ホルモンです。この「DHT」を阻害しない限り、髪の毛は抜け続けます。

DHTの抑制方法
効果
豆腐 ×
フィナステリド
デュタステリド

DHTを阻害出来るのは、AGA治療薬に含まれる「フィナステリド」か「デュタステリド」の2つの成分だけなので、豆腐を食べたところで「改善は全く出来ない」が現実です。

AGAの原因とメカニズムについての解説はコチラをご覧下さい。
AGAのメカニズムと原因を解説

AGA以外の脱毛症の場合

AGA以外の脱毛症の場合は、豆腐を意識して食べることで「薄毛を改善出来る可能性が少し上がる」かもしれません。

とは言っても「あなたの薄毛がAGAか、それ以外の脱毛症なのか」は自己判断では出来ません。

無料で医師に相談出来るAGAクリニックもあるので、まずは薄毛状態を見てもらいましょう。
無料カウンセリングが受けれる「おすすめAGAクリニック」を確認する

豆腐には非常に多くの栄養素が含まれていることは「事実」なので、詳しく見ていきましょう。

豆腐に含まれる栄養素とは?

日常的に摂取する価値はある

豆腐に含まれる栄養素とは?

管理人
管理人

イソフラボンは、AGAに「ほとんど全く」効果はありませんが、栄養価は高いため、日常的に摂取する価値はあります。

あくまで、「栄養補給」という意味でです。

豆腐100g中の栄養成分を見てみましょう。

豆腐に含まれる栄養素とは?

参照:豆腐は理想的な完全栄養食・集英社(OurAge)

イソフラボンには非常に豊富な栄養が含まれているのは事実ですので、AGAに直接的な効果は期待出来ませんが、食べる価値はあると思います。

栄養価が非常に高いのは事実

「豆腐100gに含まれる各栄養素」が「何のどれだけの栄養に匹敵する」か、わかりやすく例を上げます。

豆腐「100g」に含まれる各栄養素
具体例
タンパク質
6.6g
牛肉肩ロース
40g
カルシウム
120mg
牛乳コップ
約3杯
マグネシウム
44mg
とうもろこし
1本
鉄分
0.9mg
牛レバー
約30g

※上記の4つの栄養素はわかりやすく黄色に装飾しています。

例を挙げればキリがありませんが、豆腐を少し食べるだけで非常に多くの栄養素がとれることがわかります。

ではここから、豆腐が薄毛に良いと言われる「理由」について解説します。

AGA(薄毛)に豆腐が良いと言われる理由

AGA(薄毛)に豆腐が良いと言われる理由

管理人
管理人

AGAに豆腐が良いと言われる理由は、女性ホルモン「エストロゲン」に近い働きをする「イソフラボン」が深く関係しています。

詳しくみていきましょう。

そもそもイソフラボンとは

イソフラボンとは、大豆などのマメ科の植物に多く含まれる「植物性ポリフェノール(苦味や色素の成分)」の一種です。

イソフラボンの効果

イソフラボンの効果

イソフラボンの効果は主に「5つ」あります。

  1. 抗酸化作用
  2. 活性酸素の抑制
  3. 血中コレステロールの抑制
  4. 肥満防止
  5. 「女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用」

様々な効果がありますが、注目すべきは「女性ホルモンに似た作用」です。

この「女性ホルモンに似た作用」こそが、豆腐に薄毛改善効果がある、と言われる「本当の理由」になります。

その効果が「いかほど」なものか、調べてみました。

女性ホルモンに近い働きをする「イソフラボン」

AGAと女性ホルモン「エストロゲン」の関係

管理人
管理人

AGA(男性型脱毛症)の原因は、「DHT(悪性男性ホルモン)」で、このDHTを生み出す酵素が「5αリダクターゼ」です。

女性ホルモンの「エストロゲン」は、5αリダクターゼを「抑制する効果」が認められています。よって、DHTを生成する5αリダクターゼを抑え込むことで、AGAの進行(薄毛の進行)を遅らせることが出来ます。

イソフラボンは、AGAを抑制する効果をもつエストロゲンと「分子構造」が似ているため、エストロゲンと似た働きをすると言われています。

果たしてこの「似た働き」とは一体どの程度なのでしょうか。

イソフラボンにAGA抑制効果はあるのか

イソフラボンにAGA抑制効果はあるのか

管理人
管理人

イソフラボンは、AGAの原因ホルモン「DHT」を生み出す酵素「5αリダクターゼ」を抑え込む力が、、「あります」。

国立ガン研究センターにて発表されたデータをご覧下さい。

イソフラボンは、テストステロン(無害の男性ホルモン)からより活性の強いジヒドロテストステロン(「DHT」)に変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用を持っています

引用元:国立ガン研究センター・イソフラボンと前立腺がんとの関係

イソフラボンには、DHTを阻害する力が本当にあるそうです。

しかし、「いかほど(どれくらい)」の効果が期待出来るのでしょうか?

イソフラボンの効力は、エストロゲンの◯分の1

イソフラボンの5αリダクターゼを抑え込む効力は、「エストロゲンの1,000分の1から10,000分の1」です。

その効力は、エストロゲンの1,000分の1から10,000分の1とされ、大豆の天然成分ですから、体にやさしく、穏やか

引用元:フジッコ・イソフラボンは自然界のエストロゲン

はっきり申し上げると、効果は「ほとんど」あるいは「全く」ありません。よって、イソフラボンを摂取したところでAGA(薄毛)を改善することは出来ません。

根本的にAGAを治療するならば、「AGA治療薬」を用いるほかないワケです。

根本的な薄毛治療はAGAクリニック

AGA治療薬を服用する以外の方法はない

AGA治療薬を服用する以外の方法はない

管理人
管理人

あなたが本気でAGA(薄毛)を治療したいならば、AGAクリニックに通いましょう。

豆腐を意識的に摂取し、生活習慣を改善し・・・等でAGAが改善されることは絶対にありません。

AGAの原因ホルモン「DHT」をAGA治療薬で抑え込まない限り、薄毛は「100%」進行し続けます。間違いないです。

無料カウンセリングを受けましょう

AGAクリニックの価格が高いと思っている方は大勢いらっしゃいます。

しかし実際のところ「AGAの進行を止める」を目的にした場合、「月平均5000円前後」で済みます。

クリニック名
治療費
AGAスキンクリニック 3400円~
ヘアメディカル 6000円~
AGAヘアクリニック 5500円~

※AGA治療薬は「フィナステリド錠」です。

最安のAGAスキンクリニックであれば、「月3400円から医学に基づいた効果がある治療」が出来ます。

上であげたどのクリニックも「無料カウンセリング」を行っているので、本格的な薄毛治療を「今」から始めましょう。
AGAスキンクリニックの「無料カウンセリング体験レビュー」はコチラ

まとめ

今回は、薄毛(AGA)の改善に豆腐が効くのかについて、様々な角度から解説してきました。

管理人
管理人

豆腐を食べることで、AGA(薄毛)が改善されることはありません。

ポイントをまとめます。

  • 豆腐に含まれる「イソフラボン」が薄毛に良い成分と言われている
  • イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と似た効果を持つのは「本当」
  • イソフラボンにAGAを抑制する力があるのも「本当」
  • 実際のイソフラボンのAGA抑制効果は「エストロゲンの10000分の1」
  • イソフラボンにAGAを抑制出来るだけの「効力の強さ」は全くない
  • 栄養を考えて豆腐を食べるのは可

AGAの原因ホルモン「DHT」を抑制する方法は、フィナステリド成分が含まれるAGA治療薬のみです。

根本から薄毛治療したい方は、迷わずAGAクリニックにいきましょう。

無料カウンセリングが受けれる「オススメAGAクリニック」はコチラをクリック

-食事・サプリ・髪型

Copyright© ハゲノン , 2019 All Rights Reserved.