有効成分と副作用

ミノキシジル(ミノタブ)の効果と副作用

投稿日:2018年12月25日 更新日:

ミノキシジルの効果と副作用

AGA治療の「発毛」という点において、ミノキシジルの右に出る成分はありません。

管理人
管理人

通称「ミノタブ」と言われる「ミノキシジルタブレット(ミノキシジル内服薬)」は、発毛に最も効果が期待出来るAGA治療薬です。

しかし「副作用」が気がかりですよね。

そこでこの記事では、ミノキシジルの効果や副作用、使用する際の注意点、価格等を、ミノタブを10年間飲み続けている私の経験等もふまえて、詳しく解説します。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは?

管理人
管理人

ミノキシジルとはもともと、高血圧症の治療薬として開発された成分です。

ミノキシジルを服用した患者の多くに「多毛症」の副作用が認められたことから、育毛剤の成分として研究が進みます。

その後、1988年に世界で初めてミノキシジルを含んだ「ロゲイン」という育毛剤(ミノキシジル外用薬)がアメリカで開発され、現在では内服薬のミノキシジルタブレットもAGA治療に使用されています。

それでは、効果や副作用について詳しく解説します。

効果

ミノキシジルは、「発毛を促進する(髪の毛を生やす)」効果があります。

ポイントは「2つ」。

  1. 血管拡張作用で発毛促進
  2. アデノシンが髪の成長因子を刺激

2つのポイントについて、順に説明します。

血管拡張作用で発毛促進

血管拡張作用で発毛促進

ミノキシジルの軸となる発毛効果、それが血管を拡張させる作用です。

管理人
管理人

生え際やこめかみ部分(M字)にも効果が出やすいと言われる理由も、血管拡張作用にあります。

血管が拡張されることで血液が栄養素を運びやすくなり、髪の毛に多くの栄養を届けることが出来るようになります。

髪の毛に栄養が届けば届くほど、発毛が促進されるのは明確ですね。

参照:ヘアメディカル公式HP・ミノキシジルとは?

アデノシンが髪の成長因子を刺激

ミノキシジルは、毛母細胞(毛をつくる細胞)の活動を活発にし「アデノシン」という物質を分泌します。

アデノシンは発毛に必要な成長因子の生成を促進し、髪を長く、太く、すこやかに成長させる力を持ちます。

育毛剤などにも応用される成分で有名で、「資生堂のアデノゲン」はまさにコレです。

副作用

副作用

管理人
管理人

ミノキシジルには多くの副作用があると言われていますが、実際に副作用として起こるものは「5つ」です。

  1. 初期脱毛
  2. 多毛症
  3. 心臓の動機
  4. 肝臓への悪影響
  5. 顔のむくみ・顔が赤くなる

ミノキシジル外用薬の利用では、上記のような副作用を感じることはあまりないでしょう。

ミノキシジルタブレットを服用した場合に、発症する可能性がある副作用です。

それぞれ見ていきましょう。

1.初期脱毛

初期脱毛とは、ミノタブを服用することで起きる「一時的に抜け毛が増える副作用」です。

服用開始から「2週間~1ヶ月前後」で抜け毛が増えだし、およそ「1ヶ月~2ヶ月前後」で落ち着くのが一般的です。

初期脱毛
開始時期 2週間-1ヶ月前後
終了時期 1ヶ月-2ヶ月
抜け毛量 200-300本前後

私自身も初期脱毛の経験があります。期間は1ヶ月経たない位で治まり、そこから黒々とした太い髪の毛が生えてきたのを覚えています。

しかし初期脱毛は、ミノキシジルの成分が効いている証拠。一時的な副作用なので薬を飲むのを辞めたりせず、辛抱強く発毛するのを待ちましょう。

2.多毛症

2.多毛症

管理人
管理人

多毛症とは、髪の毛だけではなく体全体の体毛が濃くなり「剛毛化する副作用」です。ちなみにこの足は僕です。苦笑

10年以上飲み続けていると、もともと全く毛がなかった足がここまで濃くなりました。

毛細血管を通じて全身にミノキシジルの成分が運ばれるため、顔周辺はもちろん、腕、手の甲、足など体全体の毛が濃くなります。

3.心臓の動機

心臓の動機は、ミノキシジルの成分が「身体に効きすぎた場合」に起こる副作用です。

ミノキシジルの特性「血液を下げる作用」によって血管が広がり、血液の循環がよくなったり不安定になったりした場合に起こります。

精神的にも身体的にも非常に苦しい副作用のため、心臓の動機を頻繁に感じる際は「ミノタブの服用濃度」を下げたり、中止することも考える必要があるでしょう。

4.肝臓への悪影響

4.肝臓への悪影響

管理人
管理人

肝臓への悪影響は、ミノキシジルに限った話ではありません。

ミノタブを服用すると、GPT、GOT、y-GTPという数値が上昇すると言われており、この数値が高いと「肝機能に異常がある」とみなされます。

しかし以下をご覧下さい。

肝臓数値の変化
ミノタブ服用 数値上昇
風邪薬服用 数値上昇
胃薬服用 数値上昇

風邪薬や胃薬などを服用しても肝臓数値は上昇するため、あまり気にする必要はないでしょう。

顔のむくみ・顔が赤くなる

顔のむくみや赤みは、ミノキシジルの効果により、血管が拡張することで起こる副作用です。

血液循環がよくなることで血中濃度が薄くなり、濃度を保つために血管の外に水分を押し出すことでむくみが出来ます。

顔が赤くなるのはミノキシジルの作用で動脈が開き、血液の動きがよくなるためです。

ミノタブ歴10年の管理人が「実際に体験した副作用」はコチラ

ミノキシジルが含まれるAGA治療薬

ミノキシジルが含まれるAGA治療薬

ミノキシジルが含まれるAGA治療薬は「2種類」あります。

  1. ミノキシジルタブレット(内服薬)
  2. 発毛剤(外用薬)

それぞれの特徴について、詳しく解説します。

1.ミノキシジルタブレット(内服薬)

管理人
管理人

発毛薬として、ミノタブ以上の効果をもつAGA治療薬は存在しません。

ミノタブを服用することで体内の血液内に有効成分「ミノキシジル」が取り込まれ、毛細血管を通して全身に運ばれます。

ミノキシジル外用薬 皮膚から吸収
ミノキシジルタブレット 血液を介して全身に作用

外用薬のように皮膚から成分を吸収するのではなく、血液を介して全身にミノキシジル成分を届けることが出来るため、育毛剤より遥かに効果が期待できます。

効果が現れにくいと言われる「生え際」「こめかみ部分(M字)」にも作用するため、前頭部が気になる方は「ミノタブの服用は必須」と言えるでしょう。

2.発毛剤(外用薬)

ミノキシジル外用薬とは、要するに「発毛剤」です。

薬局や通販でも手軽に購入出来ますが、内服薬のミノタブと比較すると効果の期待度は低くなります。理由は以下の通りです。

  • 経皮吸収(※)だとミノキシジルの効果が浸透しにくい
  • 塗りムラが出来るので、効果にバラつきが出る可能性がある
  • 毛穴が詰まっている場合、ミノキシジルが浸透しにくい
  • 汗や水分を浴びると成分が流れ落ちてしまう。

※経皮吸収とは、皮膚を通して体内に吸収することです。

お手軽そうに見えて、意外と難しいのが発毛剤の特徴です。
育毛剤と発毛剤の違いはコチラをクリック

ミノキシジルの効果が出るまでの具体的期間

服用して効果が出るまでの具体的期間

管理人
管理人

ミノキシジルの効果が出始める期間は、AGAの進行具合や体質によるため、個人差による部分が大きいです。

こちらでは、平均的な目安期間について解説します。

約半年(6ヶ月)が目安

外用薬(発毛剤)の効果が出るまでの期間

ミノキシジル外用薬の場合、発毛効果を実感出来るのは「約6ヶ月後」と言われています。

こちらはミノキシジル5%が含まれたリアップX5(育毛剤)を長期投与し、被験者に5段階で評価してもらった結果です。

外用薬(育毛剤)
出典:https://brand.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

データを見てみると、1ヶ月後(4週後)で効果を実感している方はほぼいませんが、3ヶ月後(12週後)で「約40%」、5・6ヶ月後(20・24週後)で「約80%」の方が薄毛に効果を感じたと実感しています。

髪の毛は1ヶ月で約1cm程度しか成長しないので、発毛を実感するにはどうしても月単位での時間が必要になります。

内服薬(ミノキシジルタブレット)の効果が出るまでの期間

管理人
管理人

外用薬より内服薬のミノタブの方が、短期間で効果を実感出来る可能性は高いです。

ミノタブの効果が出るまでの期間
一般 6ヶ月前後
管理人 3-4ヶ月
友人 7-9ヶ月

目安は約半年ですが、ミノタブ服用社の感想を見ると「3ヶ月前後」で効果を実感している方も少なくない印象でした。僕自身は「4ヶ月位」から黒々とした太い毛が額に生えてきたのを覚えています。

友人の場合は、「半年以上」経ってやっと生え際に黒々とした太い毛が生えてきた、という感想も聞いているため、個人差は大きそうです。

すぐに効果が出ない理由

ミノキシジル外用薬やミノタブを服用後、すぐに効果が出ない理由として「毛周期」という髪の毛のヘアサイクルが関係しています。

毛周期
成長期 約2~6年
退行期 数週間
休止期 数ヶ月

上記のように「成長期→退行期→休止期」とサイクルが循環しており、この流れにそって古い髪は抜け、新しい髪が生えてきます。

ミノタブは「発毛」に効果がある治療薬ですが、ヘアサイクルを早める薬ではないため「約半年程度」は薬を飲み続ける必要があるワケです。

すぐに効果が出ないからといって服用を辞めたりせず、根気強く続けていくことが重要です。

ミノキシジルの使用をやめたらどうなる?

服用をやめる=薄毛に戻る

服用をやめる=薄毛に戻る

管理人
管理人

ミノキシジル内服薬・外用薬ともに使用をやめると、ミノキシジルによって生えた髪の毛の効果は基本的に失われます。

AGA治療は根本的に、一度薬を使用したら髪の毛が生える、なんて病気では決してありません。

治療を続ける限り、AGA治療薬を服用し続ける必要があります。

ミノタブを飲み続けると耐性が出来るってほんと?

ミノタブを飲み続けると、耐性は「出来ます」。

というのも薬の耐性はAGA治療に限った話ではなく、どのような薬剤に対しても飲み続ければ必ず耐性はつきます。

管理人
管理人

「薬剤耐性菌」という、人間の身体に存在する賢い細菌が原因です。薬剤耐性菌は身体の中に入ってくる薬剤に対し様々な方法で生き延びようと努力し、耐性をつけるのです。

調べてみた結果「ミノタブを5年以上服用している方」は総じて効果が薄くなってきていると感じています。

ミノタブを10年服用する僕自身も耐性は感じており、ミノタブの濃度を徐々に上げることで効果を維持しています。

ミノキシジルタブレットを使用する際の注意点

ミノキシジルタブレットを使用する際の注意点

管理人
管理人

ミノタブは副作用が出る可能性が高い薬なので、取扱いには充分な知識と注意が必要です。

ここではミノタブを使用する歳の注意点を説明します。

ミノタブは国内で承認されていない

ミノタブは、日本で承認されていない薬になります。

国内で承認されているミノキシジル治療薬は、ミノキシジル外用薬の「リアップ(大正製薬)」と「スカルプDメディカルミノキ5(雨上がり決死隊のCMで有名なアンファー)」の2種類のみです。

ミノタブを使用するためには、AGAクリニックの専門医師に処方してもらう必要があります。
ミノタブ服用歴10年の管理人がおすすめする「AGAクリニック」を確認してみる

お酒を飲んだ前後5時間は服用禁止!

お酒を飲んだ前後5時間は服用禁止!

管理人
管理人

お酒を飲んだ後すぐにミノタブを服用すると、心臓に負担がかかり、最悪取り返しのつかないことになる可能性があります。

ミノキシジルの副作用」でも触れましたが、ミノタブは心臓や肝臓に負担をかけます。

ミノタブ
アルコール摂取
身体への影響
心臓への影響
血圧下げる
血圧下げる
血圧が急激に下がる=非常に危険
肝臓への影響
ミノタブ(薬)の分解
アルコールの分解
肝臓に負担がかかりすぎる

アルコールは血圧を低下させる効果をもつため、お酒を飲んで血圧が下がっているところにミノタブを飲んでしまうと、急激な血圧の低下により「心臓の動機」や「めまい」「貧血」などが起きる可能性があります。

さらにアルコールは肝臓で分解されるため、「アルコールの分解+薬の分解」と肝臓への負担も凄まじいものになります。

飲酒をする際は、「前後5時間以内」はミノタブの服用を避けましょう。

薬の飲み合わせ

ミノキシジルは相性の悪い薬が多く、飲み合わせには注意が必要です。

下記の「3つ」の薬とは絶対に併用してはいけません。

  1. ED治療薬(バイアグラ・シアリス等)
  2. 風邪薬に多く入っている「イブプロフェン」
  3. 偏頭痛の薬に含まれる「スマトリプタン」

特に「血圧に関係する薬剤」との相性は最悪です。

心臓へ負担をかけすぎてしまうため、最大限の注意を払いましょう。

1日の服用量上限は10mg

管理人
管理人

ミノタブの服用上限は「10mg」です。これ以上の服用は「未知の副作用」が出現する可能性もあるため、絶対にやめましょう。

管理人がミノタブ10mgを2日服用しただけで、今まで経験したことないレベルの心臓の動機にみまわれ、立ってられない状態になったことがあります。

個人的な意見としては、5mg前後で服用するのがベストかもしれません。

ミノキシジルの価格

ミノキシジルの価格

管理人
管理人

AGA治療にかかる費用は、全て保険適用外の「自由診療」になります。

よって、外用薬・内服薬の価格もクリニックによって異なります。

それぞれご紹介します。

ミノキシジルタブレットの価格

ミノタブの価格相場(クリニック利用)は「1ヶ月で約12000円前後」です。

国内で承認されていない未承認薬のため、専門のクリニックで処方してもらうか、個人輸入代行業者で取り寄せるか、2パターンしか入手方法はありません。

AGAクリニック
個人輸入
価格(1ヶ月分)
10000円~14000円 3000円前後

※濃度によって価格は前後します。

価格だけ見ると個人輸入を利用した方が圧倒的に安いですが、様々なリスクや問題があります。

個人輸入は利用しない(下に飛ぶ)」で詳しく解説しています。

ミノキシジル外用薬(発毛剤)の価格

管理人
管理人

ミノキシジル配合の発毛剤は、海外製を含めてしまうと膨大な数になるため、ここでは日本で承認されている2つの商品のみを比較します。

ミノキシジル外用薬の価格相場は「1ヶ月で約7000円前後」です。

日本のドラックストアで販売されているミノキシジル外用薬は「2種類」のみなので、比較してみましょう。

リアップX5
(大正製薬)
スカルプDメディカルミノキ5
(アンファー)
価格(約1ヶ月分)
6458円 7800円

※リアップは「リアップX5プラス」を選択しました。

スカルプDメディカルミノキ5の方が若干価格は高くなります。

しかしミノキシジル濃度はどちらも5%と変わらないので、使い勝手や好みで選んで問題ないでしょう。

ミノキシジルタブレットの入手方法

入手方法は「2パターン」

入手方法は「2パターン」

管理人
管理人

ミノタブは国内非承認のAGA治療薬のため、ドラッグストアや薬局はもちろん、アマゾン・楽天などのネット通販で購入することは出来ません。

ミノタブを入手する方法は「2パターン」あります。

  1. AGA専門クリニックで処方してもらう
  2. 個人輸入代行業者で購入する

結論を先に書くと、「価格の安さにつられて初めから個人輸入でAGA治療薬を入手・使用することは、絶対にやめましょう。」

詳しく説明します。

個人輸入は利用しない。まずはAGA専門クリニックで処方してもらいましょう

価格が安いミノタブを購入して何が悪いの?

管理人
管理人

個人的な意見として、AGAクリニックの医師の下で治療を行い、ミノタブの知識やリスク等を理解した後であれば、「自己責任」で個人輸入を利用するのはアリでしょう。

しかし医師の判断もなしに、初めから個人輸入でAGA治療を始めるのはリスクが高すぎます。

あなたの薄毛は「100%AGA」と言い切れますか?

一番の根本である、「あなたの今の薄毛がAGAなのか、それ以外からくる脱毛症なのか」素人では判断がつきません。

あなたの薄毛=AGA?
ミノタブの理解
効果の出具合
AGAクリニック経験者
初めから個人輸入利用者
×

価格が安いのは魅力的ですが、最初に「あなたの薄毛の原因」を知ることの方がもっともっと重要です。

AGAでもない薄毛にAGA治療薬を使用しても効果は出ませんし、副作用だけ出現してしまう可能性も考えられます。

カウンセリングを無料で行っているAGAクリニックも多くあるので、まずは「医師の診察を無料で」聞いてみてください。
管理人がAGAスキンクリニックで受けた「無料カウンセリング体験レビュー」を確認する

まとめ

管理人
管理人

AGA治療の「発毛」という分野において、ミノキシジルは最も効果が期待出来る有効成分です。

特に「ミノキシジルタブレット」は別格で、効果を期待できる分、副作用も出やすい薬のため注意が必要になります。

自己判断でAGA治療をするのではなく、必ずAGAクリニックの医師の下で服用しましょう。
無料カウンセリングが受けれる「おすすめAGAクリニック」はコチラ

-有効成分と副作用

Copyright© ハゲノン , 2019 All Rights Reserved.