育毛剤

フィンジアはAGAに効果なし!ただの化粧品にお金を払う価値はなし

投稿日:2019年3月26日 更新日:

フィンジアは効果なし!ただの化粧品にお金を払う価値はなし

管理人
管理人

フィンジアはキャピキシルを用いた代表的な育毛剤の一つですが、効果はないので今すぐ辞めましょう。

はっきりと申し上げますが「お金の無駄」です。

この記事では、フィンジアはなぜAGA(薄毛)に効かないのか、フィンジアでなぜ髪は生えないのか、どこよりも詳しい「根拠」と「データ」を基に解説します。

フィンジアはAGAに一切効果なし

フィンジアはAGAに一切効果なし

管理人
管理人

フィンジアでAGAが治ることは、絶対にあり得ません。全く効果がないと断言出来ます。

フィンジアで有効とされている成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」には、認められた発毛効果は一切ないため、発毛もしません。

フィンジアがAGAに効果がない根本的な理由を「3つ」挙げましょう。

  1. AGAを治すためには、AGA治療薬を使う以外の選択肢はない
  2. フィンジアの「含有成分」に「根拠がある発毛データ」が一切ない
  3. そもそも「育毛剤」で髪が生えることはあり得ない

それぞれ解説します。

1.AGAを治すためには、AGA治療薬を使う以外の選択肢はない

AGAの原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる悪性の男性ホルモンです。「DHT」を阻害しない限り、髪は抜け続けます。

「フィナステリド」か「デュタステリド」の2つの成分のみが、AGAの進行を抑制することが出来ます。

AGAの原因とメカニズムについての詳しい解説はコチラをご覧下さい。
AGAの原因とメカニズムを徹底解説

2.フィンジアの「含有成分」に「根拠がある発毛データ」が一切ない

2.フィンジアの「含有成分」に「根拠がある発毛データ」が一切ない

管理人
管理人

フィンジアには、「根拠がある発毛成分」は1つもありません。

「キャピキシル」も「ピディオキシジル」も自社データの結果のみで、発毛効果があるとは言えません。

詳しくは「フィンジアの成分を徹底検証」で解説します。

3.そもそも「育毛剤」で髪が生えることはあり得ない

管理人
管理人

根本的な指摘になりますが、育毛剤で髪が生えることはありません。

育毛剤は「髪の毛を生やす目的で作られていない」ことはご存知でしょうか?

さらに言ってしまえば、フィンジアは医薬品でも医薬部外品でもなくただの「化粧品」です。

フィンジアがなぜ効果がないのか、まずは成分から具体的に見ていきましょう。

フィンジアの成分を徹底検証

フィンジアの成分を徹底検証

フィンジアに含まれる成分を徹底的に検証していきましょう。

特に「キャピキシル」と「ピディオキシジル」を詳しく解説します。

キャピキシル

管理人
管理人

育毛成分「キャピキシル」には、公的な臨床試験で認められている発毛効果は「ありません」。

キャピキシルに発毛効果がないと言える根拠は「2つ」あります。

  1. キャピキシルを作り出す元成分に育毛効果が全くない
  2. キャピキシルの自社データに客観性のかけらもなく、都合が良い解釈しかしていない

それぞれ見ていきましょう。

1.キャピキシルを作り出す「元成分」に育毛効果が全くない

1.キャピキシルを作り出す「元成分」に育毛効果が全くない

キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」を合成した成分です。

2つの成分の「期待できる効果」と「その根拠」をご覧下さい。

成分名
アセチルテトラペプチド3
アカツメクサ花エキス
期待出来る効果 毛包(※)の成長
抜け毛の予防
DHTの抑制
根拠 人間の頭皮ではなく培養細胞にて行った研究 女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ働きをする等の都合が良い解釈

※毛包とは、髪の毛を生み出す器官。

期待出来る効果は立派なものですが、どちらの成分も発毛効果を裏付ける理由が乏しすぎます。

特にアカツメクサ花エキスは「道に生えるただの花」にも関わらず、エストロゲン(女性ホルモン)と同じ働きをするワケがありません。

2.客観性の全くない自社データしかない

キャピキシルのウリ文句である、「ミノキシジルの3倍の育毛効果」は大嘘です。

「人間の頭皮で行ってもいない研究」と、「都合の良い組み合わせで発毛効果があるように見せた研究」の2つしか根拠がありません。

客観性もない都合の良すぎる自社データのため、キャピキシルが生み出されたカナダですら認められていない成分なのです。

キャピキシルに関しては別記事で徹底的に解説していますので、そちらをご覧下さい。
キャピキシルにミノキシジルの3倍の効果?臨床試験に騙されるな!

ピディオキシジル

管理人
管理人

ピディオキシジルは、キャピキシルと同じく「客観性がない自社データ」をもとに発毛効果を謳う、偽発毛成分です。

キャピキシルに次ぐフィンジアの「目玉成分」と言って良いピディオキシジルですが、発毛効果がないと言える根拠が「3つ」あります。

  1. ミノキシジルの分子構造と形が似ているだけで、効果が同じワケがない
  2. 発毛根拠が全くない自社データ
  3. 副作用がない時点で薬としてあり得ない

育毛剤の有効成分に共通していますが、自社データばかりで客観性が全くありません。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.「ミノキシジルの分子構造と形が似ている=発毛効果がある」ワケがない

「ミノキシジルの分子構造と形が似ている=発毛効果がある」ワケがない

ピディオキシジルは別名「ミノキシジル誘導体」と呼ばれています。理由は単純、ミノキシジルに分子構造が似ているからです。

(ミノキシジルについては今回省略するので、解説等は「ミノキシジルの効果と副作用」をご覧下さい。)

「ミノキシジルの分子構造と形が似ている=発毛効果がある」ワケがない

違いは「六角形」か「五角形」かだけ。「分子構造が似ていると効果は似ているか」を調べてみましたが、そんなデータどこを探してもありません。

こじつけ以外の何者でもなく、無理がありすぎます。

2.発毛根拠が全くない自社データ

開発メーカーであるインドの「クマールオーガニックプロダクツ社」では、以下のようなデータを公開しています。

培養細胞を用い、繊維牙細胞(結合組織を構成する細胞)の活性具合を調べたもので、左がミノキシジル、右がピディオキシジルです。

発毛根拠がない自社データ+副作用がない
参照:クマールオーガニックプロダクツ社・コピロールパンフレット

「グラフの伸び具合を見て分かるように、ミノキシジルと同等レベルの効果が出てるでしょ?」と言われているワケです。

人体で実験もしていない客観性も全くないこんな自社データだけ出されて、「はいそうですね」と信じれるわけがありません。

3.副作用がない時点で薬としてあり得ない

3.副作用がない時点で薬としてあり得ない

管理人
管理人

副作用が出やすいミノキシジルと「同等の効果」を謳っているにも関わらず、「副作用が全くない」時点であり得ません。

成分
概要
ミノキシジル 日本で唯一「発毛効果」を認められている成分。
副作用も出やすい。
ピディオキシジル ミノキシジルと同等の発毛効果があると言われている成分。
副作用は全くなし。

常識的に考えて下さい。

漢方薬ですら副作用があるのに、なぜ強力な発毛効果があるのに副作用がないのでしょうか・・・矛盾しています。

「ミノキシジルタブレットの副作用7つ」を服用歴10年の管理人が検証した記事はコチラ

その他の成分

キャピキシルとピディオキシジル以外は、「センブリエキス」や「褐藻エキス」「ビワ葉エキス」等、定番の育毛成分が入っているだけで、他と変わりません。

特に注目すべき成分は、ありませんでした。

フィンジアはただの「化粧品」

フィンジアは医薬品でも医薬部外品でもない

フィンジアは医薬品でも医薬部外品でもない

管理人
管理人

フィンジアは「医薬品」でも「医薬部外品」ですらもない、ただの「化粧品」です。効果は期待出来ません。

例えばミノキシジルが配合されている「リアップ」や「メディカルミノキ5」は、「医薬品分類の発毛剤」なので効果が国に認められています。

しかしフィンジアのような効果も成分も根拠がない育毛剤に、厚生労働省は医薬品・医薬部外品の認定は与えません。

根本的な部分で、そもそも「育毛剤」と「発毛剤」の違いとは何なのか、解説します。

育毛剤と発毛剤の違い

ミノキシジルに注目

育毛剤と発毛剤の見分け方は、「ミノキシジルが入っているかどうか」だけです。

種類
分類
用途
ミノキシジル
育毛剤 医薬部外品・化粧品 抜け毛の予防 ×
発毛剤 医薬品 薄毛の治療・発毛

ミノキシジルが入っていれば発毛剤です。育毛剤は、効果の強弱により医薬部外品と化粧品に分かれます。

化粧品(フィンジア)の場合、副作用も出ないレベルの「気休め」程度の効果しか期待出来ません。

育毛剤と発毛剤の効果の違い

育毛剤と発毛剤の効果の違い

管理人
管理人

現状ある髪の毛を「育てる」のが育毛剤で、新たな髪の毛を「生やす」のが発毛剤です。

フィンジア(育毛剤)も例外ではなく、根本的には「髪の毛を生やす目的で作られていない」ワケです。

育毛剤の効果 今ある髪の毛に栄養を与える。
頭皮を清潔に保つ。
発毛剤の効果 ミノキシジルによる血行促進効果。
毛母細胞(髪を作る細胞)の活性化。
発毛。

フィンジアの販売側は、都合のよい自社データを建前に「絶対生えます!!」みたいな売り方をしていますが、成分どうこうの前に「新しく髪の毛を生やす力」は一切ありません。

育毛剤について解説した詳しい記事はコチラをご覧下さい。
育毛剤は効果なし!効かない生えないお金の無駄!すぐに辞めましょう!

リアップ等の発毛剤と比べ、価格が高すぎる

フィンジアはAGA(薄毛)に全く効果がないにも関わらず、価格が高すぎます。

代表的な育毛剤
価格
フィンジア 13440円
リアップx5 7048円
メディカルミノキ5 7800円

厚生労働省に効果が認められている発毛剤「リアップx5」「メディカルミノキ5」より「約2倍」高い価格で売られています。

フィンジアを買う必要はありません。

フィンジアをおすすめ出来る人

薄毛に本気で悩んでおらず、気休めで良い方は使用しましょう

薄毛に本気で悩んでおらず、気休めで良い方は使用しましょう

管理人
管理人

フィンジアをおすすめ出来る人は、薄毛に本気で悩んでおらず「治療をしている気分・安心感が欲しい人」です。

フィンジアがAGAに効くことはありませんし、髪の毛が生えることも決してありません。

詳しい人間が成分や販売の仕方等を見ればすぐにわかることです。

フィンジアでAGA治療は絶対に出来ません。

本格的にAGA治療したい方

AGAを根本から治療したい方は「AGAクリニック」に通いましょう。

AGAを治療するためには、AGAクリニックで処方されるAGA治療薬が必須です。

AGA治療薬
AGAの進行を抑える薬 フィナステリド
デュタステリド
発毛を促進する薬 ミノキシジルタブレット
ミノキシジル外用薬(発毛剤)

「フィナステリド(あるいはデュタステリド)」で薄毛の進行を抑え込み、「ミノキシジル」の内服薬と外用薬で治療をする。

これがAGA治療の「王道」であり、唯一の治療方法です。

AGAクリニックで出来ること

AGAクリニックで出来ること

管理人
管理人

国から認められているAGA治療薬を用いるため、「99%以上」の確率で薄毛を改善することが出来ます。

価格面で比べても、フィンジアよりAGAクリニックの費用の方が安く済む場合も十分あります。

フィンジアとAGAクリニックの価格比較
フィンジア 13440円
AGAクリニック 最安3400円~
平均15000円前後

※最安3400円~治療を行っているクリニックは、AGAスキンクリニックです。あなたの薄毛状態と希望する薄毛改善レベルによって価格は変化します。

しかし毎月15000円程度を効きもしないフィンジアに払うのならば、AGAクリニックで根拠ある治療をした方がよっぽど有益です。

無料カウンセリングを行っているクリニックもあるので、まずはあなたの薄毛状態を医師に診てもらいましょう。
AGAスキンクリニックの「無料カウンセリング体験レビュー」はコチラ

まとめ

今回は、なぜフィンジアがAGAに効果がないのか、髪は生えないか、について徹底的に解説してきました。

管理人
管理人

発毛効果が一切ないフィンジアにお金を使うならば、99%以上の効果が期待できるAGAクリニックで治療をしましょう!

要点をまとめます。

  • AGAは、AGA治療薬でのみ改善が期待出来る
  • フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル以外の成分は効果なし
  • フィンジアの有効成分キャピキシルには発毛効果は「0」
  • フィンジアの有効成分ピディオキシジルの発毛効果も「0」
  • フィンジアはただの「化粧品」
  • フィンジアは無駄に高すぎる
  • 本気で治療するならば、AGAクリニック以外なし

AGAを治すポイントは、薄毛と気づいてからどれだけ早く治療を開始出来るかが重要です。

この記事を読んでくれたあなたは、今ここで、無料カウンセリングだけでもまずは受けてみましょう。

現在の薄毛状態をしっかりと理解し、向き合うところからがAGA治療の始まりです。
無料カウンセリングが受けれるおすすめ「AGAクリニック」を確認する

-育毛剤

Copyright© ハゲノン , 2019 All Rights Reserved.