AGA治療薬

AGA治療薬の種類と効果を徹底解説!あなたが使うべき薬はコレ!

投稿日:2018年11月26日 更新日:

AGA治療薬の種類と効果を徹底解説!あなたが使うべき薬はコレ!

AGAを治療するためには、専用のAGA治療薬を使用しなければなりません。

管理人
管理人

ネットで調べてみても「沢山の薬の種類や名前」がズラーっと出てきてわかりづらいですよね。

  • 一体何の薬を使ったらいいの?
  • どんな効果や副作用があるの?

気になる方も多いと思います。

そこでこの記事では、国内外で使用されているAGA治療薬の全ての種類・名称と、それぞれの効果・副作用について解説します。

AGA治療は2種類の薬を使用

守る薬と攻める薬

守る薬と攻める薬

AGA治療には大きく分けて2種類の薬を使用します。

  1. 現状ある髪の毛を維持し、薄毛の進行を止める薬(守る薬)
  2. 髪の毛を生やす薬(攻める薬)

沢山あるようにみえて、実際は「薄毛の進行を止める薬」と「髪の毛を生やす薬」の2種類だけなのです。

まずは代表的なAGA治療薬をご覧下さい。

代表的なAGA治療薬

薬の名前 薬の効果 薬のタイプ
プロペシア 薄毛の進行を止める 飲み薬
ザガーロ 薄毛の進行を止める 飲み薬
ミノキシジルタブレット 髪の毛を生やす 飲み薬
リアップ 髪の毛を生やす 塗り薬
ロゲイン 髪の毛を生やす 塗り薬

「薄毛の進行を止める薬」の代表的な治療薬は、プロペシアとザガーロです。

管理人
管理人

薄毛治療とは縁がない方でも「AGAと言えばプロペシア」と知っているくらい有名です。

「髪の毛を生やす薬」には内服薬と塗り薬(育毛剤)の2種類を使用し、代表的な治療薬は内服薬のミノキシジルタブレットと育毛剤のリアップやロゲインです。

それでは、薬の効果や様々ある名称や種類について、解説していきます。

AGA治療薬の名称と効果

薄毛の進行を止める薬

薄毛の進行を止める薬

分類
名称 純正
ジェネリック
国産
海外
プロペシア
サワイ
トーワ
TCK
クラシエ
SN
武田デパ
FCI
ファイザー
フィンペシア
エフペシア
フィナロ
フィナロイド
フィンカー
プロスカー
ハリフィン
フィライド
ザガーロ
アボルプ
アボタード
デュプロスト
デュタス
デュタプロス
ベルトリド

プロペシア

プロペシアは、2005年に承認・発売が許可された、国内初のAGA治療薬です。

AGAに有効な「フィナステリド」を主成分とした内服薬で、MSD社(旧・万有製薬)が販売しています。

フィナステリドの効能は「AGAの進行遅延・脱毛抑制」です。

管理人
管理人

「現状ある髪の毛を守る薬」と理解して頂ければ問題ありません。

現在では世界60ヶ国以上で承認されているAGA治療薬で、国産・海外製と多数のジェネリック医薬品が流通しています。

これから順にご紹介します。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」の詳しい解説はコチラ

サワイ

サワイは、プロペシアの「国産」ジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

2016年の3月に沢井製薬から発売されました。

AGAクリニックや病院で処方されています。

トーワ

トーワは、プロペシアの「国産」ジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

2016年の9月に東和薬品から発売されました。

トーワの特徴は、「ボトルタイプ」で提供している点です。

シートタイプ(シートから錠剤を押し出すタイプ)が一般的であり、ボトルタイプのプロペシアは国内外合わせて「トーワ」だけです。

AGAクリニックや病院で処方されています。

TCK

TCKは、プロペシアの「国産」ジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

製造は辰巳化学株式会社、販売は本草製薬株式会社と岩城製薬株式会社の2社から発売されています。

AGAクリニックや病院で処方されています。

クラシエ

クラシエは、プロペシアの「国産」ジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

化粧品会社で有名なホーユーの子会社、クラシエホールディングスから発売されています。

AGAクリニックや病院で処方されています。

SN

SNは、プロペシアの「国産」ジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

2016年12月にシオノケミカルから発売されました。

国産プロペシアのジェネリック医薬品の中でも、比較的遅めに発売されたこともあり知名度はあまりありません。

しかし効果は全く変わらないので、AGAクリニックや病院で処方された際は安心して服用しましょう。

武田テパ

武田テバは、プロペシアの「国産」ジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

2017年4月に武田テバファーマから発売されました。

こちらも薬の発売が比較的遅いため、知名度はあまりありません。

AGAクリニックや病院で処方されています。

FCI

FCIは、プロペシアの「国産」ジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

2018年1月に富士学工業から発売されています。

管理人
管理人

私が調べた限り、販売月が最も新しい国産プロペシアジェネリックです。

よって知名度は全くありませんが、効果は変わりません。

AGAクリニックや病院で処方されています。

ファイザー

ファイザーはプロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

国内のAGAクリニックや病院で販売されており、アメリカニューヨークに本社を構えるファイザー社(Phizer)製。

1953年に設立された老舗企業で、2013年には医薬品売上世界一を記録した大手企業です。

国内の医療機関で販売されているので、海外製と言えど品質は問題ないでしょう。

フィンペシア
管理人
管理人

フィンペシアは、私がオオサカ堂で8年間利用していたプロペシアジェネリックです。しっかりと効果を感じており、毛量もキープ出来ました。

フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、インド・ムンバイに拠点を置くシプラ(Cipla)社製。

1935年に設立され、従業員数が20000人以上の国内TOP3に名を連ねる大手製薬会社です。

ジェネリック医薬品の筆頭メーカーとして世界規模で有名なので、品質は全く問題ないでしょう。

プロペシアとフィンペシアの様々な違いについてはコチラのページで詳しく解説しています。
プロペシアとフィンペシアの違いって?価格だけ?効果・副作用も違う?

エフペシア

エフペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、インド・ムンバイに拠点を置くシプラ社製。

シプラ社の詳細についてはフィンペシアの項目を参考にしてください。

フィナロ

フィナロは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、インド・アフマダーバードに本社を置くインタス社(Intas Pharmaceuticals Limited.)製。

全世界70カ国以上で販売実績のある製薬会社で、社歴が浅いにも関わらず国内12番手の売上高を誇る企業です。

管理人
管理人

ネット上に残っている情報が2013年のものなので、現在はもっと大きくなっているかもしれません。

品質も問題ないでしょう。

フィナロイド

フィナロイドは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、フィリピン・マリキナに本社を置くロイド・ラボラトリーズ(LLOYD LABORATORIES, INC.)社製。

創業は1989年と比較的新しい会社で、医薬品製造会社です。

HPを見る限り怪しい感じはしませんでしたが、これ以上の情報が見つからりませんでした。

プロペシアのジェネリックは他に沢山あるので、そちらを優先しても良いかもしれません。

フィンカー

フィンカーは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、インド・ムンバイに拠点を置くシプラ社製。

シプラ社の詳細についてはフィンペシアの項目を参考にしてください。

プロスカー

プロスカーは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

特徴は、プロスカー1粒に5mgのフィナステリドが配合されていること。服用する際は、ピルカッターなどで4分割して使用しましょう。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、ドイツ・ダルムシュタットに本社を置くメルク(Merck)社製。

創業350年を誇り、日本にも支社がある程世界的に有名な会社です。

製品自体の信用度も高く、安心して服用出来るでしょう。

ハリフィン

ハリフィンは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されています。

製造会社名は「T. O. Chemicals」と記載がありますが、これ以上の情報が出てきませんでした。

不安要素も多いので、他のプロペシアジェネリックを優先しましょう。

フィライド

フィライドは、プロペシアのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「フィナステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、スコットランドに会社があるベサックサイアム(Siam Bheasach Co.Ltd)社製。

こちらもこれ以上の情報が出てきませんでした。

ハリフィンと同じく、他のプロペシアジェネリックを優先しましょう。

ザガーロ

ザガーロは、2015年9月にAGA治療薬として承認・販売された日本国内で最も新しい新薬です。

管理人
管理人

2019年現在でも、ザガーロ(デュタステリド)以上の脱毛抑制効果をもつAGA治療薬は存在しません。

効果はプロペシアと同じく「AGAの進行遅延・脱毛抑制」です。

しかしザガーロに含まれる有効成分「デュタステリド」の方が、プロペシアの有効成分「フィナステリド」より強い効果を期待できます。

理由として、AGAの原因と言われる悪性男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を作り出す酵素「5αリダクターゼ」にはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドは「Ⅱ型」のみを阻害するのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の「両方」を阻害するからです。

Ⅱ型に対する阻害率に関しても、フィナステリドの「約3倍の薬効」があることも発表されています。

これにより、今までプロペシアを服用して効果が得れなかった方でも、ザガーロの服用でAGA治療が成功する可能性が高まりました。

まずプロペシアを試し、効果が感じられなかった場合にザガーロを検討しましょう。

ザガーロの有効成分「デュタステリド」の解説はコチラをクリック

アボルブ

アボルブは、ザガーロと同じ有効成分「デュタステリド」を主成分とした薬で、脱毛を防ぐ効能があります。

もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されました。しかし、デュタステリドにAGAを抑制する効果が発見されてから、AGA治療薬として使用されるようになりました。

AGA治療薬として2001年に米国で承認されたことをきっかけに、、2002年欧州、2009年日本と、現在では世界で290万人の患者に使用されています。

管理人
管理人

治療薬として使われていた順番はザガーロよりアボルブが先です。ザガーロが発売されるまではアボルブがプロペシアと供に、治療に使用されていました。

現在ではザガーロを使用する場合が多いですが、アボルブの方が少し価格が安いこともあり、取り扱っている病院もあります。

ここからは、ザガーロ・アボルブのジェネリック医薬品をご紹介します。

アボタード

アボタードは、ザガーロ・アボルブのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「デュタステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラグストアで販売されており、イギリスロンドンに本社をグラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)社製。

世界有数の規模を持つグローバル製薬企業で、品質は問題ないでしょう。

デュプロスト

デュプロストは、ザガーロ・アボルブのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「デュタステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、インド・ムンバイに拠点を置くシプラ社製。

シプラ社の詳細についてはフィンペシアの項目を参考にしてください。

デュタス

デュタスは、ザガーロ・アボルブのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「デュタステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、インド・ムンバイに拠点を置くドクター・レッディーズ・ラボラトリーズ社製。

インドの大手製薬会社で、国内の株式市場に上場、日本の富士フィルムと業務提携するなど、品質は問題ないでしょう。

デュタプロス

デュタプロスは、ザガーロ・アボルブのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「デュタステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、トルコ・イスタンブールに本社を置くコカクファーマ社製。

こちらの企業については調べても情報が出てこなかったので、デュタステリドやアボルブのジェネリック医薬品を購入する際は、他の商品を選択した方が良いかもしれません。

ベルトリド
管理人
管理人

私が現在服用しているAGA治療薬の一つです。しっかりと効果を実感しており、信用出来るザガーロのジェネリック医薬品だと感じています。

ベルトリドは、ザガーロ・アボルブのジェネリック医薬品で、同一の有効成分「デュタステリド」を含有するAGA治療薬です。

個人輸入代行業者のオオサカ堂やアイドラッグストアで販売されており、インド・アフマダーバードに本社を置くインタス社製。

インタス社の説明はフィナロの項目を参考にしてください。

髪の毛を生やす薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、「ミノキシジル」を主成分とした「発毛を促進させる効果」がある内服薬です。

管理人
管理人

通称「ミノタブ」と呼ばれます。

ミノタブを服用すると、ミノキシジルの成分が血液中に溶け込み、毛細血管を通して全身に運ばれます。

ミノキシジル外用薬(育毛剤)では成分が効きづらい「生え際の薄毛」にも効果が期待出来るため、AGA治療には必要不可欠な薬です。

実はこのミノタブという薬は、もともと「血圧を下げる薬」として開発されました。内服している過程で「毛が増える・濃くなる」といった症状が患者に多数あらわれたことをきっかけに、現在ではAGA治療薬として使用されるようになったのです。

しかし日本の法律では正式に認められていない治療薬のため、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。

使用するためには、AGA専門クリニックで医師から処方を受けるか、個人輸入代行サイトで手に入れる必要があります。

ミノキシジルタブレットは副作用が出やすい治療薬ですので、必ず医師の下で処方を受けましょう。

ミノタブの有効成分「ミノキシジル」の詳細説明はコチラ

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬とは、市販で販売されているリアップやロゲインといった「育毛剤」を指します。

管理人
管理人

国内で承認されているミノキシジル外用薬は「リアップ(大正製薬)」と「メディカルミノキ5(アンファー)」のみです。

主成分はミノキシジルタブレットと同じ「ミノキシジル」です。

薄毛が気になる部分に塗布すると、ミノキシジルが皮膚の中に浸透して毛包(毛根を包む組織)まで届くことで効果が発揮されます。

内服薬との併用で、より発毛効果を実感して頂けるでしょう。

管理人おすすめの治療薬

治療薬を選ぶ前に最初に取るべき行動

治療薬を選ぶ前に最初に取るべき行動

行動の順番
間違った順序 個人輸入でAGA治療薬を選択・購入(入手) 経過観察
正しい順序 AGAクリニックの無料カウンセリングを受ける AGA治療をするかどうか判断する

オススメの治療薬をお伝えする前に、あなたの今の状況に応じて「最初にとるべき行動」が変わります。

「AGA治療をこれから始めようと思っている方」または「現在ご自身の判断でAGA治療薬を個人で輸入して飲んでいる方」は、まずはAGAクリニックの無料カウンセリングを受けましょう。

理由として、あなたの今の薄毛がAGA治療薬を使う必要があるのか、そもそもAGAとは違う脱毛症なのか、素人には判断がつきません。

管理人
管理人

根本的に、AGAではない薄毛にAGA治療薬を飲んでも改善はしません!

効果が出ないまま副作用のみ発現したり、無駄なお金を払い続けることになってしまいます。

自己判断で無駄なリスクをとる前に、AGA治療クリニックの無料カウンセリングをまず受けましょう。

カウンセリングを受けた後、AGAの治療薬が必要になった場合、「AGA治療をこれから始めようと思っている方」はそのままクリニックでの治療をオススメします。

「現在ご自身の判断でAGA治療薬を飲んでいる方」は、専門医師の判断を聞いた上で、今後も治療薬を飲み続けるのかどうかの判断をしましょう。

おすすめ「AGAクリニック」はコチラをクリック

AGAの進行を止めるオススメ治療薬

管理人
管理人

大前提として、AGAクリニックで治療を行った経験があり、効果・副作用等を理解出来ている方に向けた文章です。今まで一度もAGA治療したことない方の最初の行動は「AGA専門クリニック」一択です。

AGA治療したことがない方は、なぜAGAクリニックに通うべきなのか、詳しい解説はコチラ
最初から個人輸入は利用しない方がベター

AGAの進行を止めるオススメ治療薬は、まずは「フィンペシア(プロペシアのジェネリック医薬品)」、効果が感じられなければ「ベルトリド(ザガーロ・アボルプのジェネリック医薬品)」です。

AGA治療薬は総じてすぐに効果が出る薬ではありませんので、フィンペシアは少なくとも半年以上、出来れば1年は飲み続けて下さい。

それでも全く効果が感じられないのであれば「ベルトリド」の使用をオススメします。

理由は「2つ」あります。

  1. フィンペシアは私が長い間使用していた(ベルトリドは現在服用中)
  2. 価格が安く、効果を実感していた

しかし人によってジェネリック医薬品を飲みたくない方もいらっしゃると思うので、そんな方は「プロペシア」で様子を見て、効果を感じなければ「ザガーロ」を使用しましょう。

髪の毛を生やすオススメ治療薬

髪の毛を生やすオススメ治療薬は「ミノキシジルタブレット」一択です。

使用する際は「濃度」に注意しましょう。

ますは「2mg」から始め、効果の出具合により「5mg」→「7.5mg」と徐々に上げていくのがおすすめです。

例えば2mgから急に10mgにしてしまうと、副作用が出る確率が急激に上がるため自分の体と相談しながら使用しましょう。

※ミノキシジル外用薬(育毛剤)は使用していないため、現在オススメ出来るものはありません。

まとめ

AGA治療薬の種類と、それぞれの効果について解説しました。

ポイントをまとめます。

  • AGA治療薬には「薄毛の進行を止める薬」「髪の毛を生やす薬」の2種類だけ
  • プロペシアのジェネリック医薬品は16種類
  • ザガーロ・アボルブのジェネリック医薬品は5種類
  • ジェネリックの効果は純正薬と全て同じ
  • 管理人オススメは「フィンペシア・ベルトリド」と「ミノタブ」
  • AGAの治療経験がない方は「AGA専門クリニック」一択

有効成分が一緒の場合、効果も全く同じです。

使用する際は、まずAGAクリニックの無料カウンセリングを受けた後で、治療を初めるかどうか考えましょう。

無料カウンセリングが受けれるおすすめ「AGAクリニック」はコチラ

-AGA治療薬

Copyright© ハゲノン , 2019 All Rights Reserved.