AGAの原因

AGAとは?原因や特徴をわかりやすく徹底解説!

投稿日:2018年11月16日 更新日:

AGAとは?原因や特徴をわかりやすく徹底解説!

管理人
管理人

ここ最近、雑誌や新聞・テレビなどで「AGA」という単語を使われる機会が増えています。

特にAGAクリニックのCMが増えてきましたよね。

・AGAってそもそも何?
・AGAになるとどうなるの?
・AGAの対策ってどうすればいいの?

この記事では、AGAに関する説明はもちろん、AGAの原因や特徴・対策について、詳しく解説します。

AGAとは?

AGAとは?

管理人
管理人

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、日本語で「男性型脱毛症」を表します。

成人男性の「生え際」「後頭部」が薄くなる脱毛症の一種で、早ければ20代後半~発症し、AGAに悩む男性は日本全国に「約1260万人」いると言われています。

時間をかけて少しずつ薄毛が進行するため、早期の治療がポイントになります。

AGAの原因や特徴について、順を追って詳しく説明していきます。

AGAになると

AGAになると

AGA(男性型脱毛症)が発症すると、

  1. 正常なヘアサイクルが乱れる
  2. 成長途中の抜け毛が増える
  3. 元気がない細くて短い髪の毛が多くなる
  4. 髪の寿命が短くなる

上記のような変化が髪の毛に生じます。

詳しく見ていきましょう。

1.正常なヘアサイクルが乱れる

髪の毛には毛周期というヘアサイクルがあり、成長期、退行期、休止期と循環することによって、古い髪は抜け落ち、新しい髪の毛が生えてきます。

毛周期
成長期 約2~6年
退行期 数週間
休止期 数ヶ月

「髪が生え、成長し、抜け落ちる」といった成長サイクルを繰り返すわけですが、AGAを発症すると「成長期」が大幅に短くなります。

具体的には、髪の毛1本の成長期が「約2年~6年」のところ、「数ヶ月~1年半程」の極端に短いヘアサイクルに変化します。そのため髪が成長しきる前に抜け落ちてしまい、細くて弱々しい短い髪が多くなります。

2.成長途中の抜け毛が増える

2.成長途中の抜け毛が増える

AGAを発症すると、正常なヘアサイクルでは抜けるはずがない「成長途中の髪の毛」が多く抜けます。

抜け毛の特徴は「細くて短い髪の毛」です。

管理人
管理人

まさにこの「細くて短い髪の毛」が抜け始めた頃に、私達は薄毛やAGAを疑い初めます。

「枕につく抜け毛」や「シャワー時の排水口に貯まる毛髪の量」が目に見えて増えるため、1日あたりの抜け毛量の変化に気づくでしょう。

3.元気がない細くて短い髪の毛が多くなる

男性型脱毛症は一般的に「生え際」や「つむじ」から進行します。

AGAが発症している場合、成長出来ずに抜けた毛髪のあとに新しく生えてくる髪の毛も、成長しきらない内に抜け落ちます。

地肌が透け始め薄毛が進行し、どんどん広範囲に広がって「生え際」「つむじ」を中心に弱々しい短い髪の毛が多くなります。

4.髪の寿命が短くなる

管理人
管理人

髪の毛には寿命があります。約50回細胞分裂を繰り返すと、新しく毛髪を作ることができなくなってしまうのです。

正常なヘアサイクルが1周するのは約6年程なので、成長期を最短2年と考えたとしても「約100年(成長期2年×細胞分裂50回)」は髪の寿命がつきることはありません。

しかしAGAを発症すると成長期が大幅に短縮されるため、髪の寿命は極端に短くなってしまいます。

20代前半~30代でAGAになった場合、髪の寿命が早い段階で尽きてしまう可能性もあるので、素早い対策がAGAを治療する鍵になります。

20歳でAGAを発症し、AGA治療歴10年の管理人がおすすめする「AGAクリニック」はコチラ

AGAのメカニズムと原因

AGAのメカニズムと原因

AGAの原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンです。

DHTがヘアサイクルを乱すために、髪が長く太く成長する前に抜けてしまうのです。

成人男性であれば誰にでも発症する可能性があるAGAですが、なぜAGAは発症するのか、AGAになった人の髪の毛には何が起こっているのか、詳しく解説します。

AGAのメカニズム

管理人
管理人

AGAの原因男性ホルモン「DHT」は、テストステロンという無害な男性ホルモンが酵素「5αリダクターゼ」によって変化した「悪性男性ホルモン」です。

遺伝によって増減するのはこの「5αリダクターゼ」と毛根に存在する「アンドロゲン受容体(男性ホルモンと結合するホルモン受容体)」で、これらが結びつくことによりヘアサイクルが乱れ、成長しきれない髪の毛が抜け落ちてしまいます。

テストステロン 男性ホルモン
5αリダクターゼ ジヒドロテストステロンを作り出す酵素
DHT(ジヒドロテストステロン) AGAの原因・悪性男性ホルモン
アンドロゲン受容体 DHTと結びつくことで抜け毛を発生させる

ヘアサイクルを乱し直接的なAGAの原因となるのは「DHT」であり、DHTを作り出す働きをするのが「5αリダクターゼ」、そして「アンドロゲン受容体」と「DHT」が結びつくと抜け毛が生じます。

AGAが発症する原因としては様々ありますが、大きく分けて4つあります。詳しく見ていきましょう。

AGAの4つの原因について

AGAの4つの原因について

AGAを引き起こす主な原因として4つあります。

  1. 遺伝
  2. 食生活
  3. 生活習慣
  4. 頭皮環境

それぞれ解説します。

原因①遺伝

「遺伝」はAGAにとって大きな影響力をもちます。

AGAを引き起こす原因の「5αリダクターゼ」と「アンドロゲン受容体」は、遺伝によって生まれた時から多くもっている人がいます。

管理人
管理人

要するに「生まれた時からAGAになる確率が高い人がいる」ということです。

そのため、両親か両親の親が薄毛の遺伝子をもっている場合、あなたにも遺伝している可能性があると言えます。

原因②食生活

原因②食生活

食生活も非常に重要です。

例えば偏った食生活をすると、髪の毛が成長するための栄養を届けることが出来ません。インスタントや脂質の多い食事(ラーメンや肉類)を食べ続けると、余分な皮脂を増やし、血流を悪化させ、髪の毛や頭皮に悪影響を与えます。

アルコールの過剰摂取も髪の毛が成長するための栄養素を破壊するので、適度な量に抑えることが大切です。

食生活は意識して改善出来ます。一人暮らしの方もめんどくさがらずに、栄養バランスを考えて「自炊」をしましょう。

原因③生活習慣

生活習慣もAGAの大きな原因になります。

  • 運動不足・・・肥満や血行不良になりやすい
  • 喫煙・・・髪の毛に必要な栄養素を破壊する
  • ストレス・・・血行不良や栄養素の破壊など、幅広い悪影響を及ぼす

※食生活も生活習慣に含まれますが、前項で説明しましたので省略します。

遺伝については対処法がありませんが、生活習慣に関しては自分自身で改善出来る点が多いので、日々の生活を見直す習慣を持ちましょう。

「タバコがAGAに良くない理由」はコチラをクリック

原因④頭皮環境

管理人
管理人

頭皮環境の悪化は、脱毛症に直結します。

食生活や生活習慣の影響が「余分な皮脂の分泌」・「頭皮状態の悪化」としてあらわれます。

頭皮はイメージとして「髪の毛を育てる畑」です。どれだけ素晴らしい果物の種を植えても、栄養が少ないボロボロの畑では、育つものも育ちません。

頭皮環境が悪化した時は、素早い対応が必要です。

AGAの特徴

AGAの特徴

管理人
管理人

AGAの特徴として、「生え際(前頭部)」と「つむじ(頭頂部)」が薄くなります。

一般的にはどちらか一方ですが、双方から薄くなる場合も少なくありません。

AGAの特徴的な脱毛パターン

特徴的な3つの脱毛パターンをご紹介します。

  1. M字(通称M字ハゲ。生え際のそり込み部分)
  2. O型(つむじ、頭頂部)
  3. U字(生え際の真ん中、中心部)

それぞれ解説します。

パターン①M字

パターン①M字

「M字」は、生え際の両サイドから頭頂部に向かって後退する薄毛です。

AGAが進行するにつれて「そり込み」を入れているように見えます。M字ハゲと呼ばれる由来も、そりこみ部分から薄くなる姿が英語の「M」に見えるためです。

パターン②O型

パターン②O型

「O型」は、つむじ周辺から円形状に薄毛が広がっていきます。 

「つむじハゲ」や「てっぺんハゲ」と言われることもあります。

パターン③U字

パターン③U字

「U字」は生え際の中心から頭頂部(後頭部)に向かって後退する薄毛です。

M字と同時進行するケースも多くありますが、生え際全体が後退した場合はU字パターンと考えて良いでしょう。

AGAチェックリスト

管理人
管理人

自分の薄毛がAGAかチェックする一番の方法は、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けることです。

医師の診察を「無料」で受けれるチャンスを、利用しない手はありません。

ここでは簡単なセルフチェック方法をお伝えします。

  • 家系に薄毛の男性がいる
  • 以前に比べて抜け毛が増えた気がする
  • 枕につく抜け毛が多い
  • 生え際や頭頂部が薄くなってきた
  • 抜け毛が細くて短く弱々しい
  • 最近「薄くなった」と周りに指摘されることが増えた

上記の項目で「3つ以上」当てはまる項目がある方は、AGAを疑いましょう。

AGAの遺伝子キットを利用するような方法もありますが、15000円程度かかるため「無料カウンセリング」を受けた方が間違いなく有益です。

「AGAかもしれない」と思ったあなたは、次項の「AGAは対策が必要!」を良くご覧ください。

AGAは対策が必要!

AGAは対策が必要!

管理人
管理人

AGAは切り傷やかすり傷のように自然に治る病気ではなく、放っておけば薄毛は進行し続けます。

薄毛の進行を抑える「フィナステリド」と、発毛を促進する「ミノキシジル」を含む2種類の治療薬を服用しない限り、AGAが治ることはありません。

有効成分
薬の効果
薬の名称
フィナステリド 薄毛の進行を止める プロペシア
デュタステリド 薄毛の進行を止める ザガーロ
ミノキシジル 髪の毛を生やす ミノキシジルタブレット
ミノキシジル外用薬(発毛剤)

最近薄毛が進行してきて「AGAかもしれない」と感じるあなたは、この記事を読む「今」が治療を始めるタイミングです。

AGAクリニックでは「無料カウンセリング」を行っているので、まずはあなたの薄毛の現状を確認することから始めましょう。

管理人が体験した無料カウンセリングの感想は、コチラ(写真つき)で解説しています。
AGAスキンクリニック新宿駅前院の「無料カウンセリング」体験レビュー!

まとめ

AGAの原因や特徴・対策について、解説してきました。

管理人
管理人

成人男性にとってAGAは「非常に身近な病気」です。放置すれば進行し続けますが、的確なAGA治療をすれば、治せる可能性が高い病気です。

AGAを疑う症状が出てきた場合は、自己判断ではなく、AGAクリニックの無料カウンセリングから試してみましょう。

周りに薄毛がバレていない「早めの段階」で、治療を始めることが大切です。

オススメ「AGAクリニック」はコチラをクリック

-AGAの原因

Copyright© ハゲノン , 2019 All Rights Reserved.