AGA治療薬

AGA治療薬で実際に感じる副作用はコレ!薬歴10年の真実!

投稿日:2018年12月3日 更新日:

AGA治療薬で実際に感じる副作用はコレ!薬歴10年の真実!

AGA治療薬で一番気になるのは「副作用」ですよね。

  • 副作用が怖くて(気になって)まだAGA治療薬を飲んでない人
  • 現在薬を飲んでいるが、具体的な副作用が知りたい人
管理人
管理人

上記のいずれかに当てはまる方に、是非読んでもらいたいです。

この記事では、AGA治療薬の副作用とAGA治療歴10年の私が実際に感じた副作用(初期脱毛・多毛症・顔のむくみ・あかみ)について、オリジナル画像つきで解説します。

AGA治療薬(内服薬)の副作用

AGA治療薬(内服薬)の副作用

管理人
管理人

AGA治療には、大きく分類して「2種類の薬」を使用します。

「薄毛の進行を止める薬」と「髪の毛を生やす薬」です。

薬の名前 薬の効果 有効成分(主成分)
プロペシア 薄毛の進行を止める フィナステリド
ザガーロ 薄毛の進行を止める デュタステリド
ミノキシジルタブレット 髪の毛を生やす ミノキシジル

プロペシアに含まれる有効成分「フィナステリド」とザガーロに含まれる「デュタステリド」の副作用は、同じです。

どちらも「薄毛の進行を止める」効果をもち、デュタステリドの方が強い効果が期待出来る分、副作用が発生しやすいと言われています。

有効成分「フィナステリド」・「デュタステリド」・「ミノキシジル」の副作用について、それぞれ詳しく説明します。

有効成分「フィナステリド」と「デュタステリド」の副作用

プロペシアやザガーロに含まれる有効成分「フィナステリド・デュタステリド」には、「3つ」の副作用が報告されています。

  1. 性欲減退(リビドー低下)
  2. ED(勃起不全)
  3. 肝機能障害

それぞれ詳しく解説します。

1.性欲減退(リビドー低下)

1.性欲減退(リビドー低下)

フィナステリドの副作用として一番懸念されているのが「性欲減退」ですが、臨床試験結果では発症率わずか「1.1%」しかありません。

48週間の二重盲検比較試験(※1)において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。

主な症状はリビドー(性欲)減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等。確率は0.7%程度です。

引用元:浜松第一クリニック・プロペシアの副作用について

フィナステリドは性欲に関する男性ホルモンには作用しないため、患者の思い込みによる発症の可能性が高いと言われています。

2.ED(勃起不全)

ED(勃起不全)とは男性器が機能しなくなる副作用ですが、前項で紹介した引用文章からもわかるように、わずか「0.7%」しか臨床試験の結果で出ていません。

性欲減退と同じく思い込みの可能性が高いと言われているため、服用する際はあまり気にしすぎないことが大切です。

性欲減退とEDに関する詳しい解説は、コチラをご覧下さい。
フィナステリドの気になる副作用「ED」について

3.肝機能障害

肝機能障害とは主に、肝機能の低下、肝硬変、肝炎などを意味します。

管理人
管理人

肝硬変や肝炎などは、放置すると肝臓がんを発症する可能性がある怖い病気です。

しかし結論からお伝えすると、フィナステリドによる肝機能障害は認められていません。

発症率は「0.01%」です。

肝機能障害があらわれることがある。

当院でも過去1万人ほどプロペシアを処方していますが1人だけ該当者がいました。

引用元:浜松第一クリニック・プロペシアの副作用について

プロペシアを服用することで肝機能に異常が起こる可能性は極めて低いですが、0ではありません。

「沈黙の臓器」と言われているくらいですから、定期的に血液検査を受けるなど、自分自身で意識して対応していきましょう。

有効成分「ミノキシジル」の副作用

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットに含まれる有効成分「ミノキシジル」には、多くの副作用があると言われています。

しかし、実際に良く報告される副作用をまとめると全部で「5つ」です。

  1. 初期脱毛
  2. 多毛症
  3. 心臓の動機
  4. 肝臓への悪影響
  5. 顔のむくみ・顔が赤くなる

順に見ていきましょう。

1.初期脱毛

一時的に抜け毛が増える副作用

初期脱毛とは、ミノキシジルを使用することで最初に起きる「一時的に抜け毛が増える副作用」です。

AGAが原因で細く短くなった古い毛が、ミノキシジルの発毛効果で新しく生えてきた髪の毛によって押し出され、抜け落ちることによって抜け毛が増えます。

個人差がありますが、多い場合だと1日に300本以上抜けることもあるそうです。

初期脱毛は薬が効いている証拠
管理人
管理人

初期脱毛はミノキシジル成分が効いている証拠。誰もが通る道なので、心配する必要はありません。

初期脱毛のタイミングや長さは「服用開始から2週間~1ヶ月」で始まり、およそ「1ヶ月前後」で治まります。

最初は以前より抜け毛が増えて気になることも多いと思いますが、一時的なものなので薬を飲むのを辞めたりせず、辛抱強く待ちましょう。

2.多毛症

足

管理人
管理人

私が今なお唯一感じている副作用が「多毛症」です。この足は私です・・。

多毛症とは、髪の毛だけではなく「体全体の体毛が濃くなる副作用」です。

育毛剤などのミノキシジル外用薬では、塗布した部分中心にミノキシジルの成分が作用し、部分的な発毛効果を得ることが出来ます。

しかしミノキシジルタブレットを服用すると、血管を通じてミノキシジルが全身に運ばれることにより、顔周辺はもちろん、腕、手の甲、足など、体全体の毛が濃くなります。

高い確率で発生するため、ミノキシジルタブレットを使用する場合は覚悟しておく必要があるでしょう。

AGA治療歴10年の私が感じた副作用体験談で写真付きで詳しく解説しています。

3.心臓の動機

心臓の動機とは、突然ドクンッと大きな拍動が起きたり、心臓の動きが早くドキドキして胸が苦しくなる副作用です。

ミノキシジルの特性である「血圧を下げる作用」によって血管が広がり、血液循環がよくなりすぎたり不安定になった場合に起こります。

ミノキシジルタブレットの「濃度」に強く関係しており、心臓の動機がひどい場合は濃度を下げるなどの対策が必要になります。

4.肝臓への悪影響

GPT、GOT、y-GTPの数値に注目

4.肝臓への悪影響

ミノキシジルタブレットを服用するとGPT、GOT、y-GTPという数値が上昇すると言われており、この数値が高いと肝機能に異常があるとみなされます。

しかしこの数値はミノキシジルに限らず、風邪薬などを服用しても上昇する数値のため、あまり気にする必要はありません。

ただし「他薬との併用」だけは要注意です。

ED治療薬との併用は厳禁

血圧に影響を及ぼす薬との併用は厳禁。

例えば「ED治療薬」と一緒にミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)は絶対に飲まないでください。

どちらも「血圧を下げる作用」があるため、肝臓への負担はもちろん、心臓への負担も計り知れないものになってしまうため、注意が必要です。

また、アルコールを飲んだ後も前後5時間以内は服用するのは辞めましょう。

5.顔のむくみ・顔が赤くなる

管理人
管理人

約10年ミミノキシジルタブレットを飲んでいますが、顔のむくみや赤みは一切感じたことがありません。

ミノキシジルの血管拡張作用により、顔がむくんだりあかくなってしまう副作用です。

血液循環がよくなることで血中濃度が薄くなり、濃度を保つために血管の外に水分を押し出すことでむくみが出来ます。

顔が赤くなるのはミノキシジルの作用で動脈が開き、血液の動きがよくなるためです。

個人差によるところが大きく、ミノタブを服用している友人2人に確認しても、全く感じなかったと言っていました。管理人や友人と同じ用に、あまり心配する必要がない副作用かもしれません。

AGA治療歴10年の私が感じた副作用体験談

AGA治療歴10年の私が感じた副作用体験談

私は20歳前後から約10年間、「フィンペシア(プロペシアのジェネリック医薬品)」と「ミノキシジルタブレット」を現在も継続して服用しています。

その中で、私の身に起きたリアルな副作用を全てご紹介します

フィンペシアの副作用

正直にお伝えしますが、フィンペシアの副作用を感じたことは一度もありません。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ですので、副作用は「3つ」です。

  • 性欲減退(リビドー低下)
  • ED(勃起不全)
  • 肝機能障害

上記3つの副作用は、全くもってありません。

毎年の血液検査も問題なしです。

年齢もあるかもしれませんが、フィナステリドの副作用が効きにくい体質なのかもしれませんね。

「フィナステリド」の副作用に関する詳しい解説はコチラをご覧下さい。
10年飲んでるプロペシア!副作用のEDと初期脱毛について

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノタブを飲み続けて個人的に感じた副作用は「2つ」あります。

  1. 全身の体毛が濃くなる(多毛症)
  2. 心臓の動機、胸焼け

それぞれ解説します。

全身の体毛が濃くなる(多毛症)

ミノタブを飲み続けて、私が最も感じた副作用が「多毛症」です。

驚くほど毛深くなりました。

管理人
管理人

もともとは全く毛がないタイプでした。産毛ばっかりだったのに今では・・・コンプレックスです。

実際に各部位の写真を貼りますので、ご覧ください。

2.多毛症

最も濃くなったのが足の毛です。

以前は全く生えていなかった太ももの裏もこの通り・・。

以前の自分と比べるとまるで別人の足です。

腕

腕の毛です。

半袖シャツを着るのが嫌になるくらい黒々と生えてきました。

しかし自分で何度も剃っているので変な生え方しています。

手

手の甲も濃くなりました。

私の今の一番のコンプレックスです。

何するにも手は見えるので、良く剃っていますが本当に汚いです。

管理人の見解
管理人
管理人

生生しい画像ですみません。不快に思われた方がいましたら申し訳ありません。

しかしこれが私の身に起こった実際の副作用です。ミノタブを飲んでいる私の知り合いも総じて濃くなっています。

個人差はもちろんあるとは思いますが、「0→100」に毛深くなった経験から言わせて頂くと「避けられない副作用」でしょう。

心臓の動機

ミノタブを飲み続け、私が多毛症の次に感じた副作用は「心臓の動機」です。

とはいっても心臓の動機は「ミノタブ10mgを服用したとき」だけなので、非常に限られた条件で出現した副作用です。

管理人
管理人

しかし心臓の動機は今でもトラウマです。濃度の調節は慎重にやるべきだと反省しました。

前頭部の薄毛がひどかった頃に、もっと早く髪の毛を生やしたいという気持ちから、それまで5mgで飲んでいた濃度を10mgに一気に引き上げました。

飲み始めた頃は問題なかったのですが、急に「バクバク」「ドキドキ」と心臓の音が爆発するのではないかと思うくらい大きくなった日が数日重なって、立っていられないくらいの経験をしました。

あまりにも苦しくトラウマになってしまい、10mgの服用はすぐに中止。現在は1日5mgを飲んでいますが、心臓の動機は感じたことがありません。

皆さんもミノタブを飲む際は「薬の濃度」に注意してくださいね。
ミノタブの副作用について、さらに詳しく書いた記事はコチラ

まとめ

薄毛の進行を止めるプロペシア・ザガーロには「3つ」、髪の毛を生やすミノキシジルタブレットには「5つ」の副作用があります。

しかし私が約10年間AGA治療薬を飲んでいて、実際に感じた副作用は「2つ」だけです。

  1. 全身の体毛が濃くなる(多毛症)
  2. 心臓の動機、胸焼け

どちらも「ミノキシジルタブレット」の副作用です。

心臓の動機は「濃度」の調節で一切感じなくなりましたし、実際に気になるのは「多毛症」だけですね。

管理人
管理人

私レベルに体毛が激濃くなった友人はいませんが、避けられない副作用であることは確かです。

逆にプロペシアとザガーロに含まれる「フィナステリド」の副作用は一度も感じたことはありません。

あくまで「人それぞれ」といったところに落ち着くことを理解したうえで、私の感想を最後にお伝えします。

「AGA治療薬の副作用はそこまで過剰に心配する必要はありません!」

必ず医師の下で治療を行うようにして下さいね。

おすすめ「AGAクリニック」はコチラをクリック

-AGA治療薬

Copyright© ハゲノン , 2019 All Rights Reserved.